記事
エンタメ・芸能
    
【話題】個性的な名前の偏見が理由で改名した男性(21)、父親は喜び、母親からは「なんで?!」と責められ…これから保護者になる人はよく考えて
2024/03/11

広告

彼の元の名前は、【赤池王子様(おうじさま)】でした。改名を決めた理由は、もちろん笑われることもあったが、絶望するほどこの名前が嫌いというわけではなく、就職や結婚をする時にもしかしたら名前が原因でもっと嫌な思いをするかもしれないと冷静に考え、“将来のため”に手続きを進めていったと話しています。

広告

また、改名してからの生活で劇的に変わったことはないと語る赤池さん。

そもそも名づけの際に周囲からの反対はなかったのかと問いかけると、「僕の名前は母が名付けて母が1人で出生届を提出したので、父も事後報告だったみたいなんです。」と、反対されると思った母親がひとりで決めて名付けたと明かしました。のちに、母親に名前の由来を訪ねると「自分にとっての唯一無二であるから」だったそうです。両親は離婚しており、母親についていき再婚&弟が生まれ、その弟もキラキラネームだというのです。

広告

改名したことをTwitterで報告した際は、ユーザーたちから祝福の声が殺到し、多くの反響があったといいます。そして、離婚後も会っているという父親に伝えると「やっと変えたんだね。よかったね」と喜んでくれたそうです。一方で、母親は号泣し「なんでなの?!」と責められたと話しました。

赤池さんは学生時代をキラキラネームで過ごしてきて、友達からのイジメはなかったが、世間の“偏見”が気になったそうです。キラキラネーム=親がバカ、子も頭が悪いなどといったイメージがありますが、赤池さんの母親は積極的に塾に通わせてくれており、どちらかというと教育の機会には恵まれて勉強もできたほうだと語っています。初対面だと内面がわからず、名前や外見などで判断されてしまい、将来絶対に困る日が来るだろうなと感じていたそうです。そして、これから親になる人に「名前を決めるのは親だけど、その人生を歩むのは子ども。よく考えて名付けて欲しい」と伝えていました。

広告

引用元:,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

三船美佳、別人のような変貌を遂げていた!不自然な表情に整形疑惑も…「誰か分からなかった」「これはイジったな」
2024/03/19
松嶋菜々子、反町隆史と離婚目前か。あることが原因で険悪な関係に?「憧れの夫婦だったのに」「それはビックリ」
2024/03/19
高橋一生、あの女優と電撃ゴールインの噂。密かに愛を育んでいた!?「意外な組み合わせ」「応援したくなります」
2024/03/19
見知らぬ車が1週間違法駐車。俺『駐車場で破損のある場所をセメントで補修していいですか~?^^』管理人「OK」→なので・・・・・・
2024/03/18
【雑学】郵便局のお願い!ここに切手を貼らないで!これは知らなかった
2024/03/18
信号が赤になると家の土地を横切っていく車→俺『このままだとまずい…池を作ろう!』→ところが、冬になると雪が積もり・・・・・・
2024/03/18
雨の中、男の子の足元に現れたずぶ濡れの子猫→9年後の成長した姿と『兄弟の絆』に感動!
2024/03/18
『ママ、大丈夫だよ。ここでも良いよ』最後に1度、4歳の少年は目を開いて4文字の言葉を囁いた。その瞬間、涙が止まらない
2024/03/18
職場を辞めていった女性が残した解読不能の手紙…手紙に隠された事実が話題に
2024/03/18